船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog

ブログ

内航船員向けブログ


  • カレンダー上部の年月部分の両側にある「<<」と「>>」をクリックすると
    過去のブログを見ることができます。

<< 2017.4 >>
[Blog]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


2017/4/25 (火)

先人の足跡に学ぶ

昨日に引き続きこの度の不可解な「階段転落事故」について
もう少し述べさせていただきたい。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/24 (月)

この悲しみを 他山の石とせよ

「乗組員死亡事故発生報告」
4月22日00:15、コンテナ船「Y船」乗組員・一機士(Hさん)が
当直交代のため2階の自室から食堂へ向かう時、階段から転落(転落の理由は不明)して
頭部を強打して亡くなりました。
当時の海上は比較的穏やかで、北の風・風力2波高は1.5メートル程度であった。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/21 (金)

衣、食、住、足りて 心足りず

4月も下旬を迎えると、なかなか暖かくならない日もあれば
意外に暖かい温もりの日もあり、この時期には、花冷えと花曇りが繰り返されている。
晴れた日には農家の庭には、風そよぐ鯉のぼりもお目見えして
季節は「端午の節句」へと進みゆく。
晴れた青空へ雄大に泳ぐ鯉のぼりを見ていると
何故か、私の心の扉も大らかになって開き始める。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/20 (木)

怠るな 人生は一瞬に過ぎる

雨/嵐/晴れ/曇り/風と、目まぐるしい春の天気。日々は巡る。
昨日の某船・備考欄には「早い・早い・日にちがぶっ飛んでゆく・・」と
時の流れの速さを綴っていた。
高齢になれば、誰もが気のつかないうちに歳を取っている気がする。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/19 (水)

何事も腹八分目

過日「粗食は吉・美食は凶」と話したばかりで申し訳ないが
昨日怖さ半分で体重計に乗ったら、何と85キロを少しオーバであった。
もともと貧乏育ちで食べ物に好き嫌いの無い私は
木の芽時には、さらに何を食べても美味しいと思うからこれも困ったことである。
愚妻殿が準備するおかずの糧は大盛で、エンゲル係数は高く
もちろん家族は私一人が対象者である。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/18 (火)

希望の方向に 道は延びて行く

中国地方は接近する低気圧の影響で、昨日からドシャ降りが一日続いた。
この季節の雨を暦では「 穀雨 」と呼ぶ。
春野菜の苗の植え付け・種まき・畑作の様々な物が一気に植え付けの時期を迎えるものである。
桜には過酷な雨も次の季節の収穫の為には、この雨歓迎される移ろいと考えなければならい。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/17 (月)

粗食は吉 美食は凶

「仕事も食事も嫌だと思うものから先ず消化 」
過日夕食後のくつろいだ時間に、NHKの「 ためしてガッテン 」の番組を見ていた。
そこには、老化を防ぎたいなら、主食・副食よりその傍についている
野菜を先に食べようと言うタイトルがあった。
ただそれだけで、太り過ぎや糖尿病を防止できて
老化を遅らせることが出来るというグッド情報であった。 
勿論太りすぎの私は「 エッ! 」と、思わず番組に釘付けになった次第である。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/14 (金)

楽でお金が儲かる仕事など 万に一つなし

桜咲く四月の新年度には、多くの若者の旅立ちにスライドして
古き貧しき頃の旅立ちを思いだす。 
親父に勧められたから・・・
親父が船乗りだったから・・・
かっこよいと思ったから・・・
あるいは成り行きで船の仕事を選んだという人もあるだろう。
仕事に就いた初めは、誰でも意気込んで、立派な船乗りになるために
頑張ろうと思ったに違いない。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/13 (木)

人生・北風後・南風

南よりの風の後は冷たい北風が吹き、うそ寒いだけの湿気が残る。
そして次の日にはまた暖かい南の風が吹き、桜の花を咲かせたかと思えば
今度は冷たい風がさくらの花びらを空に舞いあげている。
繰り返される季節の周縁、山々を見渡せばあらゆる木々の梢が
それぞれの新芽の色に彩り始めた。
そして次第に寒さも和らいぎ、陽射しの温かさはひと時のまどろみとなって春を感じさせる。
そんな時節、日々の業務に追われる毎日は、「暑い」「寒い」とは感じても
心に季節を味合うゆとりさえ失っていることに気づく。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/12 (水)

心にそよ風 

今日も腰が痛むと、うつむけに寝そべるおばあさんの背中に載って私は足で踏む。
一ニ三、一ニ三。
足元が定まらないから上手くいかない。
「おばあさん痛い?」と顔を覗き込む。
今度は腰を揉む、子供の事だからその力はたかが知れている。
それでもお婆さんは気持ちよさそうに言う。
「安夫が揉んでくれるのが、一番気持ちが良いよ」
私は余計に力を込める。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/11 (火)

未来に繋がる 今である

人は間違いなく年齢と共に身体能力は低下していく。
しかしその分、広く厚みのある人生経験による知識は豊富になる。
私が思う豊富な知識とは、見えないものを見る力が強くなると言う事である。
若い頃の多くは、ほとばしる体力で世の中をがむしゃらに進んで行きがちである。
しかし、年齢を重ねるごとに物事には慎重になり、体力の低下にともない
用心深くあらねばならない。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/10 (月)

笑門福来

最近、朝一番の洗顔では、見ているようで自分の顔を意外と良く見ていない。
持ちなれたこの手の顔は、飽きて見たくも無いのだが
歳を取ってシワが増えても、頬が垂れ下がり、ほうれい線の溝が深くなっても
一応の健康チェックは大切な心構えではないだろうか。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/7 (金)

安全堅持は 乗組員の総合力

•エラーについて
人間はどんな立場の人でも、様々なエラーを必ず発生させる性質を持っている。
それは何故か?単純明快な答えは「 人間だから 」である。
ではエラーは何処で起きるのか? 
それも日常の生活の中、そして労働の職場、人間の行くところに
小さなエラーは必ず続くものである。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/6 (木)

曖昧や事なかれは 人のためならず

「 桜咲き 新たな一歩 海の道 」
そんな句が頭に浮ぶ春爛漫。
いつまでも寒さに身体を縮めているわけにはいかない。
少しずつ心の中にも春が温もりを配る時の移ろい。
今日から又、新しく自分に出来ること、一日一日を生まれ変わったつもりで
新たな一歩を踏み出していきたいものである。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/5 (水)

信念は希望の杖

会社の近くにある宇品小学校、校庭の桜が、満開に咲いて賑わっている。
この時節は新年度の始まり、入学や入社など若人たちは社会に旅立ち
波乱万丈の人生スタートでもある。
門出の桜は、忘れられない思い出となり、過ぎし日々何年経っても
この時期になれば思い出されて、夢膨らむ出発点にもなるであろう。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/4 (火)

貧しさという訓練

あれは、秋も深まる肌寒い頃だった。
瀬戸の島々は色づいたミカンでオレンジ色に染まっていた。
三原瀬戸周辺の島は「大長ミカン・高根ミカン・瀬戸田ミカン」と有名なミカン産地でもあって
島の掲示板には大長ミカン摘みのアルバイト募集が掲示されていた。

続きを読む


パーマリンク

2017/4/3 (月)

春は新しい出会いに始まる

暴風・濃霧・春霞・晴天・雨降り
いつも季節の移ろいは、様々な天気の展覧会を見せて過ぎ行く。
4月は桜咲き心のときめく花が咲き、新しく環境が変わる季節である。
弊社にも今年、宮古国立海上技術短期大学から甲板部1名の新入生が入社することになった。
新たなる人間関係もスタートする中で、チャレンジ精神をしっかり持って
自分の選んだ道を着実に歩んでいくことを願いたいものである。

続きを読む


パーマリンク

a:21888 t:10 y:31

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional