船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2017-11-17

Top / Blog / 2017-11-17

最後に残るのは 人との絆

皆さんの働く職場には、うれしい事、悲しい事、しんどい事、ヒヤリとする事
様々な日常があろうと思う。
人生はどこに居ても、「喜怒哀楽」があってこそ味付けがあり
全く何事も無いとなれば、それはパサパサの「無味乾燥」
味わいの無い人生と言うことになろう。

時には仲間との諍〔 いさかい 〕や、上司からの叱責がおきたりして
こんな辛い船には乗りたくない。
いっそ下船した方がスッキリするから、会社も辞めてやろうかと考えることもあろう。
しかし私の経験上、結論から申せば、いくら職場を変わっても所詮人間は
自分自身の甘えからから逃げることは出来ない。

職場を変わることは自分の自由意志と権利には違いないが
結局は自分が選び合意した結果であり、家族なり友達なり周囲も賛成したからこそ
今の職場に働くようになったに違いない。
つまり、そこには一つの引き合うための絆が働いた事になる。

一つの失敗や、嫌気がさしたこと等に負けて、仲間の絆を切ってしまえば
その時は気持ちも楽にはなるかもしれないが、結局はまた別の職場で
同じ条件と経過が必ず待っている。
そして、また一から出直しの不利な条件に陥ってしまう。
どこの職場にも気の合う人・嫌いな人、理屈に合わない人は様々に存在する。
そこの部分を乗越えない限り、職場を変わるごとにまた、スタートラインに戻り
大きな遅れを伴うだけである。

同じように辛抱を続けた人は、すでに遥か遠くまで走っているではないか。
結局は大差の無い職場環境には、辛抱したほうが有利だという結論が見えてくる。
例えば日本人である自分が、一生懸命に外国人に憧れて国籍を変えたとしても
皮膚の色も顔立ちも言葉も性格も変えることは出来ない。
結局は日本人そのものであり、その様な有りようと同じ結果になる。
ずっと日本人である事を誇りにして、一番良い日本人になるほうが実は楽であり
添い遂げるという一本の筋道を歩む事が、長い人生にはどれほど徳であるか
私ごときの年齢になればその結末が良く分かる。

人間は迷いが始まればどこまでも迷い、動揺し続ける。
「 蛍を呼ぶ歌・・コッチの水は甘いぞ・・あっちの水は苦いぞ・・ 」
そんな童謡が頭に浮かんでくるが、こっちの水は甘いといわれても
その水が甘かったためしはない。 
世の中は常にそんなに甘くない。
自分の我ばかりを通さずに、一時の怒りは抑えて、職場の仲間と気持ちを合わせることで
皆さんと同じ景色が必ず見えてくる。
何事も同じ絆の中で、辛抱して自分を活かすほうが
人生は勝ち運に乗れることが多いと、私の体験から申し上げたい。



a:36 t:1 y:0



コメント


認証コード(8101)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional