船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-02-05

Top / Blog / 2018-02-05

努力は 裏切らない

生きていくうえで、どんな場合でも「 困った時は努力 」と言う言葉を思い出せばよい。
その言葉はいつも私の傍にあり、私を救済する言葉でもある。
皆さんへのお便りに困ったとき、話すことに題材がなくなったとき
人を説得するとき、行き詰まったとき、努力と言う言葉は
いつも問題を解決してくれる杖になるから不思議である。

もし私に何かの才能が存在するものなら、それは「 努力と言う才能 」だと思う。
努力の才能を活かせる味方があるとしたら、それはくじけずに続ける継続の力だとも思う。
努力には限度がない。
際限のない努力を続けていれば、ある日の事、あっと驚くような達成感に出会う事も出来る。

勿論世の中はそんなに甘くは無い。
どんな場合も、努力のあとには失敗と言う苦悩が付きまとうこともある。
その苦悩こそ、実は努力が真実のものであるか、努力そのものに試されている時である。
努力の神が言う。
「 それでも努力か?何のための努力か?そんな中途半端な努力は止めてしまえ! 」
「 ハイ 」と素直に引き下がってしまえば、その努力は無駄な努力として灰になる。
 
そんなときこそ役に立つのが継続と言う万力である。
つまり努力と継続はセットでなければならない。
どんな仕事にも辛い苦しい部分はたくさんある。
我々の身近な問題では、年齢に達して大型船から小型船に職替えをする人で
どうしても自分で自炊をすることが出来ないと悩み
転職を遅らせてチャンスを逃してしまう人がいた。
 
実は実際に内航船に入り込んでみれば、自分の好みの味・好みの食べ物
身体の調子に合わせて食べられる自由・思い切って良かった。 
嫌だと思った概念を打ち破れば、そこには自分の手で作る男の料理が待っている。
後は好みのレシピを調べて手順通りに、料理の味付けをすればよいものである。
今では、むしろこちらの方がよかったという人もいるから
努力して要らざる概念を取り外す事も、また立派なチャレンジである。

それでは努力すれば何でも叶うと思うかもしれないけど
努力は決して結果を約束できるものではない。
人が空を飛ぼうと努力しても、それはパラグライダーにでも乗らない限り不可能である。
努力とは人として力を出して、正しく生きる道を言うものだと思う。
私は辛いとき行き詰まったとき、心の中にある努力の手帳を開く。
そこには次のように書いてある。 
「 努力は人を裏切らない! 」



a:148 t:1 y:1



コメント


認証コード(6651)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional