船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-06-04

Top / Blog / 2018-06-04

人生は小さな 努力の積重ね

皆さんがコツコツと地道に働いて生活をする職場は、貨物を国内輸送する船舶である。
その職場に私が訪船するたびに思うことは、第一印象の大切さにある。

職場の手入れと整理整頓が良くできた船舶には、見た目だけでも
思わぬ有利な評価が得られる。
その点、恵まれた事に、広島シッピングに所属する皆さんの職場は
美化にこだわりながら、良く手入れの行き届いた船舶が多いことには
心より感謝を申し上げたい。

そこで、皆さんが職場を美化することを徹底すれば
沢山の利点があることに気がつく。

一つは、海難事故・労働災害を少なくする事ができる。
 〔 船を大切にする心が育まれる 〕

一つは、外部から訪船される代理店やお客さんに、尊重される。
 〔 乗組員の性質を重んじられる 〕

一つは、乗組員に自覚が育まれ、人間が育つ。
 〔 汗を出す心・労働に対する・誇りが生まれる 〕

一つは、物を大切にする心が、船内の和を紡ぐ。
 〔 お互いの協力は、船内の潤滑油になる 〕
 
一つは、船主さんの高い評価が、必ず職場に還元される。
 〔 船の寿命は無限に延びる・ひいては大きな信用になる 〕

皆さんが強く思わないまでも、常識的に続けている手入れこそ
自分たちを大きくアピールする無言の表現に違いない。 
訪船されるすべての人に、好印象を与える一番の効用は
その船舶が良く手入れされている第一印象ではないだろうか。

皆さんが乗船している船舶は借り物ではない。
皆さんの命を育む砦でもある。
来訪者に尊重されるためには、人を迎えるための礼儀が必要。
その努力と姿勢こそ職場の手入れと整理整頓だといっても過言ではない。
よく手入れがされている船舶には、大切な貨物を預けても安心できる依頼心が生まれる。 
その依頼心こそ、船主とオペレータを結ぶ大きな架け橋になるもではないだろうか。

安全とは「 小さな努力の積み重ね・人としての常識の継続 」である。
人生も仕事も小さなことの連続した連なりである。
その小さなことをおろそかにしないこと。
それらの善意の積上げが、味わいの深い人生を形成するのではないだろうか。



a:38 t:2 y:0



コメント


認証コード(5062)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional