船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-07-09

Top / Blog / 2018-07-09

大水害に 大宇宙の力を思う

3日間降り続いた集中豪雨も、流石に天空の底は見え始めたのか
4日目の朝(月曜日)は朝陽が射しはじめた。
この大雨で広島県のライフラインはズタズタになり
私の住む町(三原)も昨日から断水となって、便利であった生活は
この上ない不自由が続いている。

テレビで紹介される一部の山間部や河口付近の住宅街は見る姿も無く
破壊的な爪痕が明らかになり始めている。
現代社会は様々に高度な技術を生み出し、生活は飛躍的に便利さを追求してとどまらない。
人はつい何事も思い上がりになりがちであるが、自然界の破壊的な力を見せつけられたとき
人々はその無力さをとことん思い知らされてしまう。

特に自然界に生きる皆さんの海上の仕事を思う時
宇宙の原理・自然の強大なエネルギーに逆らってはならない。
活かされている生命と、深さを思いしらされる。
「まさか」と思う人生の悲劇は、その当事者にならなければ
本当の痛みはわからないが、テレビに映し出される住宅の無残な崩壊の
全貌を目の当たりにしながら、人々はただ茫然と立ち止まってしまう。

せめての救いは海上の皆さんには、杞憂すべきニュースも無くて
無事な運航が続いている有難さである。
しかし、無事に過ぎた日々は慢心で過ごしてはならない。
何事も常に細心の注意を持って生きること。
さすれば「大事は小事になり、小事は無難に防ぐ」こともできる。
人生の慎重なる知恵を今日も継続することに、勤しみたいものである。

海と共に生きることは、海を活かすことで自分も活きることであり
大時化を乗り越える技術もその真理から学ぶべきであり
押しては引き、引いては押す、逆らわない知識の中に育まれる技術ではないだろうか。

私の今朝は、三原からの交通路は新幹線以外、すべて遮断されているため
新幹線通勤とならざるを得なかったが、何と朝一番から、切符を求める
長蛇の列には唖然とさせられたものである。
この交通マヒは、当分の間は我慢の連続であろうが、不自由も不便も気持ちの問題であり
我家が被害に免れただけでも、大いに感謝しなければ罰が当たろう・・・。



a:41 t:3 y:0



コメント


認証コード(0844)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional