船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-07-26

Top / Blog / 2018-07-26

人生も航海も 倦(う)まず 弛(たゆ)まず

「 暑中お見舞い申し上げます 」
関東から西日本にかけては猛烈な暑さが今日も続いている。
この暑さ、人だけにあらず、畑の野菜も水をかけてやらなければ、力尽きて枯れかけている。 
乗組員の皆さんには今後はさらに熱中症など、ことのほか注意されて
厳しい盛夏を健康に過ごされる事を願ってやまない。

さて、今日も語り行脚、皆さんの心に、頷きと盛夏の涼をおくることができれば幸いである。 
一昨日妻が用事で広島に訪れた帰り、車中の会話・・カカァ殿下の話。

「 お父さん知っとる??知り合いのSさんの主人は定年になって5年目
  今度の水害で電気が止まって冷蔵庫の物が全部だめになったからと
  発電機を購入して、災害に備える準備をしているそうよ。
  それに、水道も止まったので、今度は庭に井戸を掘る計画だとか・・」
「 ほぉー、すごいな~。やり過ぎかもしれないが、時間とお金のある人は羨ましいよ。
  その人に較べて、ワシはこれができるという才能はないし
  したいと思うこともないが、お前はワシをどう思う。 」
「 それは無いわ!お父さんほどこれだけはと言うものは無くて
  平均点は珍しいと思うよ。 」
「 そんなはずは無いだろう?人より優しいとか、人より粘り強いとか
  もの作りだけが対象ではなくて、人それぞれに個性があるはずだよ・・・。 」
「 無いよ。全く無くて初めから終わりまで平均点! 」
だという。

少しカチンときたので私は言いかたを変えた。
「 それでは平均点が何でこの齢まで働くことが出来ているのか!
  お前はものの見方が偏っているのではないか!! 」
額に青筋が浮かんできた・・。

これから先が家内に言いくるめられる。
「 あら!お父さん、常時、平均点を保てる事は素晴らしい才能よ。 
  例えば、何かに偏って才能のある人は、どこかに大きな欠点があってこそ釣り合って
  全てが万能で漲〔 みなぎ 〕っている人は居ないものよ。 」

「 お父さんの場合は平均点だからこそ、幅広く物事を考えられ
  平均点を沢山集めて、ここぞというときに思い切って使うから良いのよ。
  大きな才能は無いけど、胸に少しずつ蓄えて置けば
  その企画がチャンスのときに生きてくる。
  そんな引き出しを2つ3つ持っているのがお父さんの才能よ。
  平均点の素材に、今までの苦労と言う味付けがあるからこそ
  生まれてくる発想が今のお父さんの隠し味になっているのよ。 」

褒められているのか、貶されているのか、ギクシャクしていた私の運転は
徐々に滑らかになっていったから不思議である。 
老夫婦の会話、平均点とは何と素晴らしいことであろうか。
飛びぬけた才能などなくてもいいではないか。
よしんば、人より恵まれた才能があれば、それを人生の特別な資格として
性格におごりが生まれて謙虚な気持ちを失いがちになる。
人並みな才能だからこそ「 倦まず弛まず 」
「 嫌になったり、怠けたりしないでコツコツと進む 」
謙虚な味わいが生かせる。

成功した人の殆どは「 倦まず弛まず 」の精神で進んできたと伝記に記されてある。
安全も健康も人生の大切な全ては「 倦まず弛まず 」から「 継続は力なり 」へと転結して
大願成就に導かれるに違いない。
かかぁに言いくるめられた一説!!



a:83 t:1 y:0



コメント


認証コード(8488)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional