船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-08-08

Top / Blog / 2018-08-08

今起きている 小さな変化に 目を向ける

台風13号は暴風域を伴って北上中。
今夜には関東に接近する見込みで、この台風は非常に大きく危険を含んで発達中です。
周辺近海の各船舶は普段にも増して安全確保に努めて下さい。
皆さんのご安航を祈っています。

安全遵守には大きく分類して三つの状況変化が考えられる。
その一
海洋環境の変化
〔 気象・潮流/海流・風浪・温度・干満・濃霧などを言う 〕

そのニ
職場状況の変化
〔 経年変化/老朽化・磨耗/消耗・詰り・劣化などを言う 〕

その三
人為的な変化
〔 体調不良・不注意・連携不足・技術不足・未熟・作業態度などを言う 〕

これ等の大きな三つの変化に対して気付きが遅く、対応が行き届かない場合
悪条件が重なるほど、災害事故や海難事故に発展する確率は高いとされる。 
気配りも充分にして良くがんばっていると思うのに、その成果がまったく表れてこない。 
仕事一つにしても努力の後に結果がついてこない場合には
そこで嫌気がさして、あきらめてしまう場合が多い。

しかし、何事もあきらめてしまえば全てはそこで終わり。
何事であれ中途半端で物事をなすことは出来ない。
何事にも努力している限り、必ずそこには微妙な変化が存在し
人は前に進んでいることに違いない。
昨日よりも今日そして365日、まったく無為に同じ位置にとどまる事はありえない。 
日々は確実に進み変化していることに気づかなければならない。
そういった意味の核心こそが、皆さんの無事故記録の日付の重さである。
現在の無事故記録の最大数は3,524日であり、9年半に及ぶ立派な記録である。 
私がこの記録日を設定して以来、ただの一度も海難事故が発生していない
見事で重い記録といえる。

貴重な記録を無傷で継続できている皆さんには、上記の三つの状況変化への気づきや
先手必勝の努力が続けられている故であろうと、安全運動のあり方を分析する事ができる。

未熟な修行僧の修練は、毎日4時起床、洗面、掃き掃除、座禅、午後9時就寝
こうした規則正しい生活を何年も続けるという。
規則正しい生活を続ければ、心身の変化には敏感になり
僅かな心の動きや体調の変化にも気づきを素早くすることができる。 
長い修行期間で育つ感性は、昨日より今日の自分がほんの少しだけど
成長していると感じられるのだという。

あきらめないで、一歩一歩、着実に進み続ければこそ
幅広い物事に目を向けられる感性が育ち
本当の自分を生かすことができる修行の深い意味が解釈できる。 
海の現場に発生する様々な変化を敏感に感じることこそ
本当の気配りと安全予約だと確信できるのではないだろうか。



a:66 t:1 y:0



コメント


認証コード(2145)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional