船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-12-04

Top / Blog / 2018-12-04

キャッチャーミット

平穏な日々にくつろいだ日曜日の茶の間。
心身ともにリラックス。
久しぶりに晩秋のくつろぎのひと時、私が「 スター・ドッキリ 」を見て
大笑いをしていると、愚妻殿が言う。
「 あんた~馬鹿じゃないの。そんなに人を騙して笑う番組は
お笑い芸の中でも、最低だわ・・・ 」
品位の無い番組を見る私の背中に、ナイフならず妻の声がグサリと刺さった。

「 テレビ番組だよ! 仕掛けられた笑いは在っても良いと思うよ。
  可笑しいものはおかしい・・ウァハッハッ! 」と腹を抱えていた。 
そうしたら又言い返して来た。

「 あんたね・・・人の話は素直に聞くことがこの世の習いなら
  素直に聞いて騙されて、人に笑われる・・・
  そんな番組を見ていたら、人は誰でも大嘘つきになってしまう! 」

なるほど。私にも思いつく節はある。
知らぬは本人ばかりで、落ちが見えているストーリを失敗まで進む映像は
視聴者の優越感をくすぐるところがあって、騙される側の困り果てた顔が
滑稽に笑いを誘うものである。

私の知る彼女の性格は、常に本音で行動をしている。
非常に筋の通った一本気の性格であるため、人を騙したり、陥れたり
利用されたりすることを最も嫌う性格である。 
職人である父の性格を強く受け継いだ真っ直ぐな性格には
騙されて侮辱されて笑いをとる昨今の芸人たちの本音を読み取る事は困難である。

本当はテレビに出してもらえれば、どんな汚れ役でも有り難い。 
笑われることを頼りにチャンスを掴もうとする売れないタレントは沢山存在する。 
彼女の如く、見る人によっては酷な番組評価も、騙されることが
格好の銭儲けになることは彼らの処世術でもあろう。

夫婦の好みは一致しなくても、縁があって長年連れ添うことが出来たのは
つまりキャッチボールに良く似ている。
私がキャッチャーミットを持ってドンと受け取るところで、夫婦の妙味は丸く収まる。 
剛速球ばかりを投げてくる球種にも、人として学ぶところは沢山ある。
大事な事は投げ返す球ではなくて、耳を傾け胸襟を開いたキャッチャーミットで
大きく受け止めることである。 

職場でも仲間でも円満の秘訣は、どちらかが大きなキャッチャーミットになる事で
万事上手く行く気がする、年の功ではなかろうか。



a:33 t:1 y:2



コメント


認証コード(9002)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional