船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-12-05

Top / Blog / 2018-12-05

準備万端 憂いなし

貴方の人生は一度しかない。
たった一度・泣くのも自分・笑うのも自分・やらないのも自分・やるのも自分
愚痴をこぼすのも自分・幸せになるのも自分・後悔するのも自分
満足するのも自分なら、自分に力をつけて明るく生きて行けばよい。

世の中、自分のやりたい事だけをやって、社会や、職場のため
やらなければならない肝心な仕事は、やりたくない。 
無いない尽くしの生き方は、当然身勝手な結果が付いて回る。
美味しいものを食べ、好きなお酒を沢山呑んで太平楽、そんな身勝手な事は続かない。
楽しみは額[ひたい]一杯の汗によって、少しずつ作られるものである。
汗を出し・働き・楽しみは後の方向へいっぱい溜めて行く。

使いたいお小遣いも我慢して少しずつ蓄える貯蓄もその一つであろう。
例えば、船の運航においても同じである。
「 備えあれば 憂いなし 」どんな場合も準備万端、心構えで整えること
財布の紐をシッカリ閉じる我慢も、いざと言うときの準備に違いない。

ある船長が話した。
「 私はいつどんなことがあっても良いように、乗船して最初に心がける事は
伝馬船あるいは救命ボートの点検を実施する。 
そこには意外とさび付いた滑車や錆びついているワイヤーが目立つ
エンジンは不調で不十分な手入れ、救命胴衣は不備のまんま放置されていることが多い。
気づくことは少なく目が離れがちなボートの点検整備こそ
いざと言うときの心構えが出来ている船・乗組員の普段の心構えが見えてくる。 」という。

成る程と一事を見れば、他の全てのことを推察できる「 一事が万事 」である。
船の運航には欠かせない、準備と乗組員の心構え・行く手の調査
無いないづくしの運航が、投げ捨てたままであってはならない。 
船の航海は何度でも繰り返せるけど、人生航海は一度きりの航跡である。 
たった一度である。

泣くも笑うも我が人生。
心の滑車を錆びさせたまま、入念なる準備を怠ってはならない。 
泣くのも自分、笑うのも自分、後悔するのも自分、満足するのも自分
「 備えあれば憂いなし 」そんな心構えで今日も船橋に立つ皆さんであって欲しい。
願いよ届け、海の彼方へ・・。



a:31 t:1 y:3



コメント


認証コード(6324)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional