船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2018-12-28

Top / Blog / 2018-12-28

感謝

今年一年ありがとう。 
どうぞ皆さんにも来年一年が良いお年でありますように。

とうとう今日が今年最後の出勤日となる、大詰めの日が訪れた。 
ここに来て今年の汚れを来年に持ち越さないで
無事に「 年の瀬を越せる生き方 」ができただろうかとふり返る。 
年の瀬を越せるとは、飲み代・米代・家賃と溜めたツケが払えるのか
貧乏長屋には年を無事に越せるのか怪しい・・・
このツケを乗越えなければ、米も買えない家賃も払えない。
庶民の懐の大変さを瀬戸際として「 瀬 」に現したという。

お蔭様で、皆さんの理解ある協力の下に、何とかこの急流の一年間を
大過なく過ごせたように感じている。
私たちは決して一人で生きているものではない。
何らかのかたちで多くの人と関わり、社会の恩恵を受けて今日にある。

「 連帯の力 」とは、誰かがいい加減であっても
そのいい加減さは身勝手な行為として、見過ごさず・危険人物としてはじき出されてくる。 
「 共存 」とは、今まで見過ごされてきた個々の身勝手が、安全航海を目指す仲間意識の下に
白日化される始めるものである。

人生の法則は、よく働くものには働く種が与えられ
何事も傲慢に奪うものは自らも失われる種が与えられる。 
また、よく頑張る人には良く頑張る部下達が育ち
怠慢な人には怠慢な仲間が集まるものである。
「 誰にも分からないだろう 」
そう思って行動することが、やがては自らの中に分かるものかと
悪意を認め始める心が育つに違いない。 
皆の力で無くしたい海難事故ではあるが、誰あろう自らの心の中に平然と安全を笑う姿を写せば
この世の鏡の中に必ず危険を再現する実像が写るのではないだろうか。 

「 災 」と言う一字の一年間は、皆さんの職場では本当に良く頑張っていただいた。
そして、年の暮れの今もなお時化の海洋で不運と闘う船舶の姿がある。 
不満・不平等・環境の不ぞろいには、沢山の反論も存在することだと思う。 
しかし、繋がっている組織は、今、貴方が苦労している存在によって生かされている。
自分の為だけではない。
誰かのため、仲間のために必ず役に立っていると思えれば
少しは不運の今も、別の形で生かされてくるのではないだろうか。 
皆さんが精一杯に頑張っているから、どうぞこの「 年の瀬 」を無事に越させて欲しいと願う。

今ある環境、今の不運、年末におかれた船の状況は、様々である。
他人と比較して生きるより、今、自分の周りに恵まれている事だけを考えてみよう。 
仕事や人生を悔んだら、周りの恩恵に目を向けてみよう。
健康・家族・仲間達・正しく生きれば、人生は必ず生きた答えを出す。
「 待てば海路の日和 」そのものである。 
私から皆さんへのメッセージはこの一年「 感謝 ・ ありがとう」で締めくくり
どうぞ良い年がめぐりますように、年の瀬に願い続ける。



a:41 t:1 y:0



コメント


認証コード(2931)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional