船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2019-01-30

Top / Blog / 2019-01-30

座右の銘 

昔の話、兄から譲ってもらったお下がりの勉強机。 
古い机上はキズだらけで、落書きは無数に染み付いていた。 
机の右端にはナイフで削りこんだのであろう「 努力は天才に勝る 」と名言が
不揃いな切り口で刻まれていた。 
その言葉は何故かその後の私の人生に、なくてはならない名言として
今も心に強く刻まれている。

私には、兄への想い出が一番強く残った机であり
刻まれた「 努力 」の名言は特に力強く、私の胸に焼き付いた言葉であった。 
兄は父の戦死と、母の不慮の死に苛まれて、高校生活を2年であきらめ
一家を扶養する立場に陥ってしまった。
未熟なまま背負った責任は、若いときから魚船に乗り、随分と苦労を重ねた人であった。 
そのために、殆ど我が家に帰れる環境には縁遠く、私とは一回りも違う歳の差で
一緒に遊んだ想い出は何も無かった。
 
今は亡き兄との想い出は、机に刻まれた名言が一番印象深い、ささやかなる兄・弟の
縁の薄い絆であった気がする。 
それだけに胸に焼き付いた「 努力は天才に勝る 」言葉を、私は常に心掛けてきたが
「 努力 」という力強い言葉は、私の成長には欠かせないお手本となった格言である。

畑に大根のタネをまいたら、大根が出来る。
そして、コスモスのタネをまけば、コスモスの花が咲く。
まいたタネに応じた野菜や花が咲く事は当たり前である。 
何事も出来ないことをあきらめてしまわず、努力のタネをコツコツまけば
自分と言う畑にも努力の花が咲くに違いない。
どんな場合もタネをまかなければ、芽も出ないし花も咲かない。
私は両親に恵まれなかった分、薄いえにしの中に「 努力 」と言う
大切なものを頂いたようにおもう。

似た話、ある雑誌に次のような印象深い話が紹介されていた。
母から頂いた「 あおいくま 」と言う言葉がある。 
これは、「 あせるな 」「 おこるな 」「 いばるな 」「 くさるな 」「 まけるな 」
五つの言葉の頭文字を口癖にして母が厳しく教えた言葉であった。
「 人生で大事なものは、この五つだ! 」
そう言うだけではなくて、家訓のように壁に貼紙がしてあった。 
その言葉がいつしか自分の心に宿り、今は亡き母を思い出すとき
決まって真っ先に「 あおいくま 」が浮かんで、私を励ましてくれる。

お母さんが教えてくれた「 まけるな 」は「 人に負けるな 」ではなくて
「 自分にまけるな 」と言う意味であった。
どんな困難に出会っても「 あおいくま 」さえ実践していれば
明るく元気な自分がそこに居る。
「 あせるな 」「 おこるな 」「 いばるな 」「 くさるな 」「 まけるな 」
これさえ守っていれば、運命はきっと良い方向に風が吹くと
母の優しさをいつまでも信じて頑張っている。と話を結んでいた。 

さて皆さん!
今日も「 あせらず 」「 おこらず 」「いばらず」「 くさらず 」「まけず」
安全運航に励もう。 
寒い北の風の後には、必ず暖かい南の風が吹く。



a:151 t:1 y:0



コメント


認証コード(0095)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional