船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2019-08-06

Top / Blog / 2019-08-06

海難事故は何故起きる

安全とは人の目で見ることも手で触って確認することも出来ない。 
同時に、徐々に接近する危険も同じことが考えられる。
したがって安全を維持する取組みと、その効果を検証することは、限りなく難しい。

企業は海難事故が起きると分かっていて、その様な人選を行うわけも無く
またその様な状態を放置する運航者も居ない。
これ等は残念ながら、事故が発生した後になって、はじめて運航への取組みミスや
欠陥が明らかになるものである。

その例題として、以前発生した静岡県天竜川
川下り遊覧舟の転覆事故から、すでに8年の歳月が流れる。
心のどこかに記憶のある人も多いかと思われる。
安全と思われた川下りの涼を楽しむ観光事業の一環である。
一人の船頭の油断では済まされない企業姿勢の欠如が次々と重なって浮上してきた。

①乗客の救命胴衣不着用。
②不安定な「ろかい舟」に、満員の乗客はトップヘビーの危険放置。
③渓谷の急流は大雨による流速や渦を計測して、危険予知をする制度も無かった。
④乗客は川下りの安全性を信頼して疑わなかったが、スリルを満喫する事は
同時に危険と背中合わせであることも免れない事実であった。 
⑤会社は遊覧船が転覆する想定は無く、転覆に際してのマニュアルも作成されていなかった。

川下りの長い歴史の中に、夏の涼を取り入れた遊覧船の魅力は
人命に対して安全安心の上に条件が整わなければならない。
残念ながら転覆による5名の死亡者を出してしまった。
かくして川下り歴史上に汚点を残す大事故となってしまった例題を分析してみた。

今や安全遵守は確実な文化となり、その責任は現場のみならず
組織全体が取組むべき責務に格上げされて、企業の存続を問われる重要課題となっている。
海難の実態を再び私達の現場に戻して考えてみよう。 
海難事故は船自体・その設備・自然現象・それらが直接に発生させるものではない。
いわば、それらに携わる人が関って、引金を引くのも人そのものである。
つまり多くは、個人の「 油断でした・・・。」と、言う口実がそこにある。
果たして油断と言う言葉が正しいのか、油断が起きる温床は何処にあるのか私は考える。 

油断とはそこの一部を除けば、殆どが正常に機能していた条件を言う。
全てが油断であったならそれは崩壊した手抜きと言わなければならない。 
時々油断が起き、危険に接近している状況は、人の心の何処にその温床があるのか・・・
それは総じて、考え方や生活態度に起因する「 怠慢 」の中に発生する。
私はそれを怠慢のウイルスだという。

沖を航海する船舶は、海上衝突予防法に添って運航している。
そしてその法規を守ることで、安全な運航も守られている。
しかし、その船を運航する航海士が、その最低限の法規を熟知していて
その法規が良く守られているか?
〔 視野内の航法・狭視界の航法・灯火形象物・音響信号・狭水道航法等など 〕
そのために常日頃から航海術に対する勉強や知識の維持を努力しているか?
私は否だと答える。

一つの海難事故を検証すれば、全体的に知識の不足
〔 レーダ解析不備・実施すべき処置の不遵守など 〕が目立ち
職務に忠実でない場合が至って多い。
そこに根付く根拠は一時的な油断ではなくて、努力を怠る「 怠慢 」が
その一番の温床であることに気が付く。
何故なら、職務に忠実で真面目な人に限っては、海難事故は発生していないからである。

生活の乱れている人、お酒の多い人、仕事と仲の悪い人、船内の和に加わらない身勝手な人
生活の改善を試みない人、会社からの通達文に目を通さない人、通達事項を実施しない人
どれを見ても、そこにきざす欠点は「 怠慢 」である。
つまり、怠慢の性格が海難事故の背中合わせに存在する、大きな温床ではないだろうか。 
私なりの突き詰めは「 怠慢 」に一つの焦点に辿り着いた感がある。 
 
遵守すべきことを忠実に遵守して起きた海難事故は非常に少ない。
怠慢は遵守すべきことが何であるのかさえ分からず、事の重大性を無責任に鈍らせてしまう。 
先の川下り遊覧船事故も然り、掲げた項目の一つでも実施されていたら
痛ましい事故は免れたはずではないか?
これ等を長年放置した現実を、「油断」と言う一過性の言葉で見過ごす事は出来ない。
そこに働く人々の制度の「怠慢」以外にはあり得ない、重大なる人災であった。 
しかし、人材不足の海運事業はどこに活路を見出せばよいのか
私の力の及ばない無力を感じざるを得ない。



a:102 t:1 y:2



コメント


認証コード(8465)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional