船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2019-09-10

Top / Blog / 2019-09-10

ドスンと受止める キャッチャーミット

心配した日本列島のサンドイッチ台風も、皆さんの安全運航が勝って何事も無く
月曜日は胸を撫でる想いで過ぎていった。 
実りの秋はこれからが行楽や果物など、収穫の楽しめる時期でもあり
農家にとっても連日が稲刈り真っ盛り、コンバイン大活躍の風景が秋を深めている。

休日のこと、私はくつろいだ夕刻はテレビの前
「いたずらカメラだ!大成功 」を見て大笑いをしていると
となりの愚妻殿が洗濯物をたたみながら口をはさむ。
「 またその番組ね~。あんた~馬鹿じゃね~。
  そんなに人を騙して笑う番組は、お笑い芸の中でも、最低だわ・・ 」
私の背中に、ナイフならず妻の声がグサリと刺さった。
「 良いじゃないか。テレビの番組だよ!仕掛けられた笑いは在っても良いと思うよ。
  可笑しいものはおかしい・・ウァハッハッ! 」 

そうしたら、直球で言い返してくる。
「 あんた~ね、人の話を素直に聞くことがこの世の習いなら
  素直に聞いて騙されて、人に笑われて。
  そんな番組を見ていたら、人は誰でも大嘘つきになってしまうよ
  日頃から安全の在り方を解いている貴方には、似合わないよ・・」
「ムム・・」なるほど攻め口はここへ来たか。
理屈では勝てないのである。

私が知る彼女の性格は、常に本音で行動をしているものだから、実に厄介である。 
筋の通った一本気の性格であるため、人を騙したり陥れたり
利用されたりすることを最も嫌う性格である。
職人である父の性格を見事に受け継いだ真っ直ぐな性格には
騙されたり侮辱されて笑いをとる、昨今の芸人たちの本音を
お金儲けだと読み取る事は困難なのであろう。 
彼等はテレビに出してもらえれば、どんな汚れ役でも有り難い。
笑われることを頼りにして、千載一遇のチャンスを掴まんとする
売れないタレントは沢山存在する。 
彼女の如く、見る人によっては冷酷な番組評価も
騙されることが格好の銭儲けであることに間違いは無い。

夫婦の好みが一致しなくても、長年連れ添うことが出来たのは
つまり相性が良くて共に白髪の生えるまで、今日をめでたく迎えているからである。 
常に「剛速球」ばかりで、カーブもフォークも決して投げない彼女のボールは
私のキャッチャーミットはドスンと響いて手が痛い。 
しかし、夫婦の妙味は、丸い性格の私がキャッチャーミットで
妙にバランスが取れることもまた捨てたものではない。
大切な事は投げ返す球ではなくて、耳を傾け胸襟を開いたキャッチャーミットで
「ストライクー!」と、受け止めることもまた大切な技である。 
職場でも仲間でも円満の秘訣は、どちらかが大きなキャッチャーミットになる事で
万事上手く行く気がする年の功である。



a:41 t:2 y:2



コメント


認証コード(1650)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional