船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2020-03-06

Top / Blog / 2020-03-06

全方位に香る 老舗の値打ち

花の香りは、吹く風に逆らって流れ漂うことはない。 
しかし、賢者の香りは、風に逆らってでも、全方位へと広まって行く。 
人の評判というものは、良かろう悪かろうと、特別に宣伝しなくても
自然と流布していくものである。

宮島駅前に「 うえの 」という穴子飯(丼)の店がある。
創業は明治34年というから、今から114年の歴史を刻んでいることになる。
もともとは穴子を盛り付けた駅弁からスタートしたもののようであるが
この店は開店から30分で満席になり、混雑するお昼時では
まず毎日が1時間待ちの繁盛ぶりが続いてる。 
私もここの味に魅せられて宮島まいりの後、何度か食べたものであるが
まず名前を記帳して1時間程度の待ち時間は覚悟して行かなければならない。 
それも行く度の混雑は全く空く様子もないから、その繁盛ぶりは
今や全国ネットで有名になっている。

ところが、壁を一つ隔てたところに、もう一軒と、さらに道路を隔てた対面にも
穴子丼の看板がかかった店は営業している。 
お客は寒空に何時間並んでも、決して隣の店に入ろうとはしないばかりか
対面する店には人影もないから不思議である。 
優れた美味しさの味わいは、どのような宣伝にもまして
全方位の香りで人々の胃袋を掴んで離さない。

114年の歳月は誰にもマネのできない秘伝と努力を継承しているからであろう。
私も口コミでその評判にはまってしまった1人であり
気の利いた宮島の土産として人にさし上げれば、満面の笑みは間違いない。
「 人の噂 」というものはそのようなもののようである。
評判にあやかろうと、隣に同じ穴子丼の店を出店したものであろうが
老舗の噂を覆すことは至難の業であり、いい香り・いい噂の評判というものは
人の心をひきつける大きな力を持っていることを思い知らされる現実である。

私はこの老舗の評判に思うことは「 安全祈願 」の帰り道
船の管理なら「 広島シッピング 」と、噂の全方位にならないものかと
いささか寒い連想をしてしまう。
しかし、船の管理は味付けではなくて「 安全運航 」が絶対的な信頼につながる。
しかも船の条件とは
①人間はミスをするもの
②機械は故障するもの 
③船は水に浮いているもの 
④自然は知能、技術で克服できないもの 
我らが全方位の噂をとどろかせるためには、まずお互いを取り巻く
環境整備に力を尽くさなければならない。 
そして会社も現場ともどもに安全運航への努力と熱意を一緒になって考え進むことであり
無事故無災害は夢の又夢であってはならない。   

焼き穴子の香ばしい香りならず、わが社にも全方位に香る乗組諸氏は
風の便りに聞こえてくるのは礼儀正しくも模範的な賢者の噂であってほしいものである。



a:87 t:2 y:0



コメント


認証コード(8701)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional