船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2020-05-19

Top / Blog / 2020-05-19

命とは

台風崩れの熱低に前線が刺激されて、西日本全域に大雨の兆しは
川の氾濫など、水害も心配されている。
この大雨の雲は、今日は関東方面迄伸びていきそう。
既に梅雨入りした沖縄地方も大雨が降り続いているが
瀬戸内海航行中の各船舶の行手にも雨による視界不良が心配される。
狭水道航行船舶には見張りを重点的に強化されて、油断の無いようにお願いをしたい。

この頃、我家の家内は庭先にトマトをプランターに10本ほど植え込み、栽培を始めている。
今朝の事、出かける私を呼び止めて「 ま~あんた!此れからはきっと良いことが有るよ! 」
「なんで?」と、問えば
「 これだけのトマトに沢山の花を付けたのは珍しい。 きっと、良いことがある証拠だよ! 」
たかがトマトだが、常に前向きに捉える感じ方は、些細なことでも
良い方向に捉える心構えは得難いことだと思った。

たかがトマトの黄色い花を生きた命として、プラス思考でとらえる聡明さこそ
人間の前向きな知恵である。 
道端の一輪の花さえ、生かして感じれば素晴らしい使い道がある。 
その一声に朝一番の出掛ける気分は晴れて、気持ちの良い前向きな心を育むに違いない。 
ちなみに、後でその蕾の数を数えてみたら、何と60個の花が数えられた。

今朝から2号線の車両の混み具合は次第に平時に戻りつつあり
この調子では積荷不足も今しばらくの辛抱で、元に戻り始める期待が膨らむ。 
毎日の海上模様を気遣い、皆さんの行く手には何事も無く穏やかであれば
それはそれで願いが叶う素晴らしいことである。 
出来る事なら空も晴れ渡り、各船の航海には積荷がどっさり積まれて
宝船になり、平穏な航海が望まれる。

そこにはどうしても皆さんの力と、知恵と工夫と努力が求められる。 
会社の期待に答える現場には、様々な不特定の現象が立ちはだかる。 
それが荒天であり、積荷であり、自然現象であり、機器の損耗であり
脱落、漁船、老朽化などの不備な条件が存在する。 
そのような中、お陰様で、安全を遵守する一本の絆は、強い責任感に保たれて
今日も丸くて太い膨らみに育つことを願って止まない。
皆さんの安全意識に守られながら、今日も油断することなく、お互いの命は育まれていく。

「 命〔いのち〕とは 」
・生きていく原動力
・寿命
・一生/有限性
・もっとも大切なもの  
考えるまでも無く、「安全」とは「命」のことである。 
生きる事は、命を育てることであり、命を使う事を使命という。
働く事は使命を持って、安全を守る事である。 
 
この世で一番大切なもの、かけがえの無いもの、それはお互いの命である。 
命の尊さを知る事は、安全遵守の精神を深く知る事に他ならない。 
誰もが命を失っては嘆くことも出来ない。



a:38 t:1 y:2



コメント


認証コード(2223)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional