船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2021-01-05

Top / Blog / 2021-01-05

つまらない習慣ほど 簡単に身に付く

乗組員の皆様、新年あけましておめでとうございます。
それぞれの船舶には其々の異なる港にあって、正月休みの運不運は
大きなくじ運があったことと思います。
お陰様を持ちまして新年度休日の間は何事もなく
ここに元気な新年を迎えることが出来ましたことは、誠に目出度い船出となりました。 
本年も皆様方の「 健康と安全 」両輪が、つつがなく続きますことを
第一の願いとしまして、ここに令和3年度の力強いスタートといたします。
多くの皆様方に一層の協力を心よりお願い申し上げるものです。

新年は「習慣改善」にチャレンジしよう。
「 健康と安全 」この両輪は、海洋物流にたずさわる者だけに関わらず
全ての産業、あるいは全ての家庭において欠かすことのできない
「 生活・発展 」の基軸であると考えられます。
しかし、そうだとわかっていても、人は時には身勝手に法令や規則に違反するばかりか
そこに美味しいものが有れば、暴飲暴食に陥って健康さえ害することも
節度なく繰り返してしまいます。

「 良くない・・ 」「改めたい・・」
そうとは分かっていても、一度身に付いた習慣や好みを変えることは
とても難しいことです。 
例えば皆さんは今日の食べ物・お茶やコーヒー・ジュース・或いは飲酒にしても
その趣向には限り無く自己の好みを選択[優先]して、日常生活を繰り返しているのです。
つまり、それら行動の選択肢は日常の生活の中から生まれてきます。
良く学んだ人は良い選択肢を粗雑に育った人は常に乱雑的に選択肢を持ちます。
つまりそれは、誰のせいでもありません。
結局、自分自身がその様に生きて来た生活環境に染まり
危険な行動へと左右を選択しているわけです。
それならば、自分の気づき一つで生活の習慣を改善することもまた出来るはずです。

物事に気づき、改めようと期することは、思いついた時が大切です。
私の人生の分岐点の一つ、その選択肢は私が50歳の時に訪れました。 
肺がんで苦しむ兄の病魔に対峙した私は、同じ血を引く弟として
長年吸い続けたタバコをすっかり止める方向へと決心したのです。
それから今日まで、もし私がこの「禁煙」の選択肢を実践できていなかったなら
兄と同じDNAを引き継ぐ私の生命も肺がんに侵されて、今現在元気に生命があったものか・・・
それは非常に疑問です。
[兄は昔からヘビースモーカーでした。] 

こうした個人の生活だけに限らず、船の運航においても同じことが言えます。 
乗組員の多くは安全運航が大切だと認識し、先手必勝、早めの避航動作を取り続けても
その仲間の一人が反省もなく、見張不遵守・遅い避航等の選択肢を続けていれば
その中の一人の至らない選択肢は仲間を巻き添えにして大きな危険へと近づいてゆく事は
決してあってはならない事です。

人生100年の長い時代も、実は日々「変化」と言う点の集まりだと気づかなければなりません。
その一つひとつの変化の中に危険と言う点が沢山存在するのです。
まず乗組員の一人ひとりが、安全とは尊いものだ!有難いものだ!と
再認識と良き選択肢としなやかさを持って、本気にならなければ
全てが架空の安全となり、徹底した安全運航は始まりません。

一人の気づきと一人の目覚め[選択肢]が、その職場に良い影響をもたらすと
共に力強く広がって行くものです。 
やがて職場全体に安全の尊さが行き渡ることを歳の初めに
誠心な願いとして一途に願いたい思いです。

今年度も皆様方全船が、安全運航への良き行動の選択肢を続けられ
大過なく健やかな一年であらんことを、歳の始まりの夢と願い
新年の挨拶とさせて頂きます。



a:62 t:4 y:1



コメント


認証コード(4534)

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional