船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

calendar Blog/2018.02

Top / Blog / 2018.02

<< 2018.2 >>
[Blog]
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

2018/2/28 (水)

因果の応報 因果の連鎖

今朝の2号線は霧が立ち込めて200mほどの視界しかなかった。
春近しの気温上昇にありがちな、移流霧の悩ましい現象が始まった。
各船動静〔 備考欄 〕には、船長から次のような報告が記載されていた。
「 おはようございます。春のウネリに揉まれながら、やっとたどり着いた東京湾は
  カスミが濃くて視界ゼロの世界。
  船橋に立てば、「 安全 」の二文字が重くのしかかる 」

続きを読む


パーマリンク

2018/2/26 (月)

親に頂いた 躾けは 財産

毎日の挨拶には「 おはようございます 」と言う言葉。
何処でも誰でも、日本の代表的な挨拶である。
私が小学生のときでも、グラウンドに全生徒を集めた朝礼には
校長先生の挨拶が「 皆さんおはようございます 」の大きな声から始まった。
そして生徒達も一斉に「 おはようございます 」
と元気な声を響かせてお辞儀をした想い出がある。
それは半世紀が過ぎた今、孫の代でも続いている。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/23 (金)

出来ることをする「 すぐにする 」

あぁ~、やらなければならない。
気になるがしかし、やる気にならない・・・・。
自分の中の何処かで、やらなくても良い口実を探している。 
そしてとうとう後回しにしてしまう。 
家庭でも、職場でもそんなふうに気の進まない引っ込み思案は様々にある。 
先延ばしにした苦手意識が、結局は時期を失い悔やまれる結果を生むことにもなる。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/22 (木)

古希に乾杯

この最近、私の同級生から頂いた電話に「 やっぱり歳じゃな~・・・ 」
という嘆き節を良く聞くようになった。
私はその答えにはいつもこう答える。

「 歳は取るのではない。重ねているだけだよ。
  物忘れをする様になったら、沢山のことを詰め込んでいる頭だから重たくて
  覚えた中身が中々出てこないだけだ。 
  あっちが痛い・こっちが動かぬ。
  それは長年頑張ったから、労わるチャンスだと思えばよい 」
常に発想を変えて明るく考える事を勧める。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/21 (水)

畜生と人の違いは 羞恥心

「 春の風 梅花ふくらむ 羞恥心 」
久しぶりに春を感じる暖かさの広島地方。
梅の蕾が少しずつ少しずつ、恥ずかしそうに固い花びらを開き始めた。 
その香りはまさに娘が恥らう香りに似て例えられる。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/20 (火)

無事故の秘訣は 基本にある

過日の事、必要に迫られてタクシーに乗った。
運転手さんはかなりの年配の人で、失礼ですがお年を伺えば
間もなく古希であるという。
彼曰く「年金と組み合わせて欲をださず、そこそこに稼ぐからいい商売だ」という。
非常に慎重な運転をされる人なので「 運転歴は何年くらいになるのですか? 」
と、たずねれば「 この道50年、事故を起こしたことは一度もない 」
というビックリするような返事であった。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/16 (金)

安全の尊さは 無量無辺

毎日真面目に生きていても、同じ日が続くマンネリの中に
ふと、人生の意味が見出せないときがある。
なぜ、旗手さんは毎日、安全・安全と同じことを
繰り返えして話が続くものだと思う・・・。
そんな想いが生まれる人もあるであろう。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/15 (木)

懲りる前に 懲りなさい

仕事は嫌い、身体を動かすことも退屈、何事もいい加減
そんな人には危険も不安も付きまとう。
物事の流れには勤勉・繊細・注意を行き届かせれば
些細な事にもたくさんの意味が含まれている。
何事も注意深く、念には念を入れる心構えこそ、順調に仕事が進み
作業工程の小さなほころびであっても、大過を救う予兆を知ることもできる。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/14 (水)

乗る人、降りる人、人の往来

往く人、来る人、どんな船にも待ちに待った休暇の往来が訪れる。
休暇のために下船する人があれば、船員法上その代役投入は不可欠な条件にある。
そこには会社配乗の苦労もあるが、交代要員の苦労も決して侮ることはできない。
同じ船に里帰りする人に比べれば、沢山の不自由を克服して
職務に当たっている事であろう。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/13 (火)

安全は一念の微かにあり

建国記念日を含めて3連休、皆さんの航海は無事に週明けを迎えた。
お陰様で何とありがたいことかと感謝の一念にある。
まだまだ寒さの続く海の仕事は、厳しさに終わりがない。
「 注意をしていたのだが・・・気をつけていたのだが・・・ 」
後になって「 しまった! 」と、気づく小事も今後は侮れない。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/9 (金)

人生は 一度一回

今日は週末。 
一週間が過ぎる意味のある日を、大切な命の話しで締めくくりたい。
私の友人から贈られた本、お釈迦様から得た知識を、少しここに拝借させていただく。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/8 (木)

船は生きている

皆さんの乗っている船舶は、生活する住居であり、働く職場でもある。
船舶は1000人が束になっても抱えられない、とてつもない重量の貨物を
限りなく載せて港を離れる。
不満の一言も言わず、波に揺られ、叩かれながら、苦しそうに黒煙を吐く。
船体は潮風に吹かれ飛沫をかぶり、積荷も乗組員も、命ある大切なものを守り通して
やがて母なる港にたどり着く。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/7 (水)

約束は守るためにする

暦の上では節分が過ぎて立春に入ったが、日本列島は寒気に覆われて冷蔵庫状態である。
しかし、職場は皆さんの頑張り効果で順風に過ぎていく。
海上を運航する23隻の管理船は毎日毎日違った積荷と、違った海域を航海していく。
はたして全てが順風満帆ということがありうるであろうか。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/6 (火)

差別といじめ

昨日のニュースによると、広島市の中学校3年生の女子生徒が校舎から転落死した事件は
「 入学当時から断続的にいじめがあった 」などとする調査結果が
教育委員会によって結論付けられていた。 
今はどこの学校でもいじめ問題が深刻に受け止められている。 

続きを読む


パーマリンク

2018/2/5 (月)

努力は 裏切らない

生きていくうえで、どんな場合でも「 困った時は努力 」と言う言葉を思い出せばよい。
その言葉はいつも私の傍にあり、私を救済する言葉でもある。
皆さんへのお便りに困ったとき、話すことに題材がなくなったとき
人を説得するとき、行き詰まったとき、努力と言う言葉は
いつも問題を解決してくれる杖になるから不思議である。

続きを読む


パーマリンク

2018/2/2 (金)

思い出は 人生の道しるべ

幼いときから父と母の優しさを知らずに育った不幸。
「 親は無くても子は育つ 」
世間様にそう言われつつ、中学を卒業するのを待って、私は故郷を離れた。
育てられたお祖父とお祖母に別れを告げて、私は海の職場で働き出した。
しかしその職場でも社会の風は厳しく、様々な苦労は後を絶たなかった。

続きを読む


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional