船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

calendar Blog/2018.12

Top / Blog / 2018.12

<< 2018.12 >>
[Blog]
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

2018/12/28 (金)

感謝

今年一年ありがとう。 
どうぞ皆さんにも来年一年が良いお年でありますように。

とうとう今日が今年最後の出勤日となる、大詰めの日が訪れた。 
ここに来て今年の汚れを来年に持ち越さないで
無事に「 年の瀬を越せる生き方 」ができただろうかとふり返る。 
年の瀬を越せるとは、飲み代・米代・家賃と溜めたツケが払えるのか
貧乏長屋には年を無事に越せるのか怪しい・・・
このツケを乗越えなければ、米も買えない家賃も払えない。
庶民の懐の大変さを瀬戸際として「 瀬 」に現したという。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/27 (木)

今日を頑張るのは 明日を待つ準備

年の瀬のジングルベルが鳴りやみ、やがて除夜の鐘を待つ。
誰かがダジャレで言った「 間もなく除夜の鐘が鳴る。カルロス・ゴーン  笑 」
いつの時代にも、赤い服のサンタクロースを見れば心は楽しく懐かしい。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/26 (水)

船内は協力で漲る

年の瀬を迎えれば誰でも、新年を迎える焦りを感じてしまう。
しかし例え慌てても、来年へ渡る橋が無くなるわけではない。
時間と時間は常時繋がっており、ほって置いても来年の一月は必ず訪れる。 
生活は日常的に繋がっているのだから、年内という焦りの気持ちは避けたいものである。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/25 (火)

再び本になった「 朝のファックス通信 」

「師走」・・・流石に寒さは厳しさを増し、吹き抜ける寒風は真冬の到来を告げている。
今日の天気図は幸いに高気圧の傘の中、駐車場の霜を踏みながら
足元注意の出勤となった。 
12月は各船舶その年の安全運航の成果を締める評価月でもある。 
見事に安全ラインを描いた船舶が大半であった事は
管理者として心より感謝申し上げなければならない。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/20 (木)

郷に入れば 郷に従う

年の瀬の街を行く人々は、黒っぽい厚手の服を着て
どこか足取りも慌ただしげに通り過ぎて行く。
やがて、街はクリスマスのイルミネーションが輝き、街は華やかさに浮かれ始める。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/19 (水)

運命の神は努力した人に扉を開く

人は生まれたときから、何らかの形で前へと向かって生きていく定めにある。
例え進まなくとも、時間の力で背中を押されていることは逃れない事実である。
当然ながら人生は、後ろに引き返すことは出来ない。 
生きるために引き返すことが出来ないものなら、誰もが不屈の精神を持って
前に進まなければならない。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/18 (火)

「 災 」は 一朝一夕に 癒せない

この世は両親であれ、夫婦であれ、親友であれ最後には必ず別離が訪れる。
「 死別 」である。
人生の中にある最大の不幸、その悲しみは誰でも隔たり無く訪れる。
親族と別離する悲しみは、学んだ知識や教育、或いはどんな厳しい訓練を積んでも
逃れる手法は見出されていない。
人は惜別の情の中に生きている。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/17 (月)

人間という花は 苦労という水で開花する

その昔、私がまだ船に見習いで乗り始めた頃、設備は全てが旧式であったから
今のように陸上からレッカー車が来たり、備え付けのクレーンで
貨物を吊り上げる設備は少なかった。
貨物船には大きなマストがあって、そのマストに吊り下げられたデリックが
それぞれのハッチに設備されていた。 

続きを読む


パーマリンク

2018/12/14 (金)

幸運つかむ三つの条件 努力 謙虚 笑顔

気象条件は北日本や北陸では、冬型の天気が強く雨や雪になって吹雪いている。
一方瀬戸内海でも、今朝はすっかり冷気が入って冬本番を感じる厳しい寒さである。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/13 (木)

言葉には トゲもあり 感謝もある

昨日、朝のFAX送信・備考欄の中に、次のような挨拶を頂いた。
「川沿いの散歩道、櫨[ハゼ]の葉が少し遅れ気味に燃えるように色づいた頃
私の乗船日になりました。
寒暖の大きな差に、季節の営みも戸惑いを隠せないのは、人だけではなさそうです。」
何と気温の落差と紅葉を取り入れた、乗船の挨拶は心のこもった素晴らしい表現でした。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/12 (水)

辛抱 忍耐 堪忍袋は貴方の宝

辛抱は全ての課題を解決できる 。
世の中にはテコでも動かない辛抱人が居れば、その逆に物事を直ぐに投げ出す人も居る。
「 これはダメだ! 」と直ぐに言う。 
短気は失敗をすれば諦めも早いから、いつまで経っても一つのことが完成されないままで終わる。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/11 (火)

願い求めよ 希望は近づく

幼い頃に怖い思いをしたら、その恐怖は心の中に潜在的に宿るという。
それはマイナス要素の例であるが、潜在意識はプラス側にも同じように作用して
願望は強いほど心に宿るという。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/10 (月)

無事故・無災害の足音

今年一年「 無事故と安全 」についてのオンパレードを執拗に書き続けて
師走を迎えることとなった。 
皆さんにはつまらないメッセージであったかも知れないが
私にはいつも切実な願いは今も続いている。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/6 (木)

願いと努力と継続

人は何事を成すとしても、願わない限り 実現しない 。
風が吹けば航海の心配。
雨が降れば荷役の心配。
不景気になれば、積荷の心配。 
そのように心配する事は、やがていつかは皆さんの安全を願う心に変化していく。
やがて願いは心となって行動を起こす。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/5 (水)

準備万端 憂いなし

貴方の人生は一度しかない。
たった一度・泣くのも自分・笑うのも自分・やらないのも自分・やるのも自分
愚痴をこぼすのも自分・幸せになるのも自分・後悔するのも自分
満足するのも自分なら、自分に力をつけて明るく生きて行けばよい。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/4 (火)

キャッチャーミット

平穏な日々にくつろいだ日曜日の茶の間。
心身ともにリラックス。
久しぶりに晩秋のくつろぎのひと時、私が「 スター・ドッキリ 」を見て
大笑いをしていると、愚妻殿が言う。
「 あんた~馬鹿じゃないの。そんなに人を騙して笑う番組は
お笑い芸の中でも、最低だわ・・・ 」
品位の無い番組を見る私の背中に、ナイフならず妻の声がグサリと刺さった。

続きを読む


パーマリンク

2018/12/3 (月)

健康・船乗り みな感謝

師走に入り、時間は晦日に向かって更に加速し続ける。
「 時間は余っても、生きがいの無い人生は最も寂しい 」
毎日毎日忙しく時間が通り過ぎていく。
今年が始まったのは、ついこの前だと思ったものが、猛暑の夏が行き
短い秋の日は瞬く間に暮れて、晩秋から初冬へと衣替えが進む。 
人生の時間なんて、怠けていれば新幹線より早い時間で通り過ぎてゆく気がする。

続きを読む


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional