船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

calendar Blog/2019.04

Top / Blog / 2019.04

<< 2019.4 >>
[Blog]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

2019/4/26 (金)

人生は旅人

ゴールデンウィーク、いよいよ陸上の人達は明日から大型連休に突入。 
目に青葉 山ホトトギス 初鰹 !! 
新緑のまぶしい季節。 
皆さんには申し訳ありませんが、本日の通信を除く、連休中のファックス通信は
お休みをさせていただきます。 
身勝手ではありますが留守中には皆さんの安全なる航海を心より祈念いたしております。 
但し各船舶の皆さんには、御用の節には担当者への連絡は
どうぞ必要に応じて実行してください。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/25 (木)

羞恥心と誇り

今朝、早掛けで04:45柳井のドックハウスを発つ。
右手に濃く目隠しした大畠瀬戸の朝霧を不安に思いながら瀬戸路の各船行手を案じる。 
広島の事務所に帰れば慌ただしくも山のような仕事が私を待っている。 
大型連休を目前にして、休みも無く稼働する皆さんの運航には
私も休みなど無い方がむしろ気分が落着いて有難いと思う責任の重さを感じる。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/24 (水)

見える命と 見えない命

一昨日朝一番は、某船舶からの・ポンツーンハッチのウエッジの引っ掛かりが原因と見られる
ハッチ脱落事故の報告があった。 
その時点でハッチの開閉は出来ず、結局は積荷役キャンセルで回航修理の
残念な処置となってしまった。 
[本船曰く昨夕入港して、全部のピンは開放して確認済みであった。 
ところが昨夕デッキを水洗いするために、消火ホースでハッチ上をまたぎ
水洗いをした際に、ホースの引っ張りで緩くなっているウエッジ一本が
ハッチ受けの方向に動いたとしか思えない。 
解放時に確認したので、その事に気がつかなかった。 
一本のウエッジでハッチが2枚連結状態となり解放時のアクシデントが起きてしまった]
という。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/23 (火)

使うほど 湧き出る 活力

過日、従兄弟との話の中で、心に残るいい話を耳にした。
彼はよく地方主催のマラソン大会に自由参加する人なので
「 いつも貴方はスリムでいいね。でも毎日の練習が大変だよね 」
と聞いたら次のような素晴らしい知恵を頂いた。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/22 (月)

我慢の一念

世間一般では、仕事に悩むと「 俺には向いていない 」の答えを簡単に持ってくるようであるが
果たして本当はそうであろうか。 
例えば仕事にミスしてしまったとき、落込んで「 あぁ~、俺ってこの仕事には向いていない 」
と逃げ道を口実に使う。 
実際は向いている・向いていないという事はシッカリ努力した後の思案である。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/19 (金)

船内は相身互い

皆様毎日の航海ご苦労さま。 
今朝は朝掛けで柳井~広島へ一走り、今日も一日が始まる。
今週は各地域に所要で出張が続き、皆さんへの通信が滞って申し訳ない日々が続いた。
船舶管理会社と言う名目で組織されている私達の仕事は、大よそが人の苦情を聞いたり
はたまた乗組員の組み合わせを考えたりする、総合的には人のお世話をする会社でもある。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/18 (木)

形あるものは すべて壊れる

茶碗などをあやまって割ってしまった時に「 形あるものは必ず壊れる 」という言葉がある。
この世のすべてのものにも、この言葉はあてはまる。 
当たり前のことながら、日常の日めくりカレンダーの如く
何事も留まるという常態はありえない。
それは今の安全があっても、物事は次第に危険な方向へ動こうとすることを意味する。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/15 (月)

誠実の提灯 心に一つ

私の幼い頃、島の生活には道々に街灯の一つも無くて
月明かり以外、夜道はいつも真っ暗闇であった。 
私が小学校に上がる前までは、本家のお祖母さんは母親代わりに、我家へ泊まりに来ていた。
冬の夜道はもうすでに薄暗く、姉達は夕餉の支度に手を取られるために
いつも本家迄お祖母さんを迎えに行くのは私の役目であった。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/12 (金)

暗闇に見える 人生航路

私は仕事が少し遅くなった時、暗い夜道の運転に、皆さんの夜の当直を思い出す。
船舶の夜間航海当直は闇の中に目を凝らす、自らの所在が闇で無ければ
周囲の灯りを見る事は出来ない。 
その闇を無事に過ごした先に朝が訪れ、水平線の彼方に朝陽が覗き、陽射しが注がれる。 
つまり船舶の航海当直は、人生そのものを模写した営みによく似ている。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/11 (木)

5分前行動の利点

私の日常生活はその殆どが、早朝5時の起床から始まる。 
食事や髭剃りなどの身づくろいを済ませた6時30分には
老いてもさらに一人の戦士になって家を出る。 
家を出る時間がわずか10分遅れるだけで、会社に到達できる時間は20分遅れる。 
広島市内の渋滞事情によるものである。
会社到着は順調であれば8時10分が大よその出社時間になる。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/10 (水)

苦は楽の種

桜咲く四月・新年度には、多くの若者の旅立ちにスライドして
何故か恵まれなかった私の遥か遠き日の旅立ちを思いだす。 
人其々親父に勧められたから・・親父が船乗りだったから・・かっこよいと思ったから・・
あるいは成り行きで船の仕事を選んだ、貧しき時代のスタートを思い出す人もあるだろう。 
仕事に就いた初めは、誰でも意気込んで、立派な船乗りになる意気込みで
頑張ろうと思ったに違いない。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/8 (月)

見えないものを見る力

人は間違いなく年齢と共に身体能力は低下していく。 
しかし、その分広く厚みのある人生経験による知識は豊富に吸収しているはずである。 
私が思う豊富な知識とは、見えないものを見る力が強くなると言うことである。 
若い間の多くは、ほとばしる体力で世の中をがむしゃらに進んで行きがちである。
しかし、年齢を重ねるごとに物事には慎重になり、体力の低下にともない用心深くなる。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/5 (金)

フッ ! とした 大きなミス

無災害とは、「 処処安全 」を連続する結果にある。
これからする話しは、ある知人に降り掛かった災難の実話である。 
彼女は重い胆のう炎を患っており、大病院で麻酔薬を投与して
手術前の精密検査を受けたときのことであった。
検査は無事に終了して、指定の更衣室に戻り、服装を整え支払いのために受付椅子に戻った。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/4 (木)

聞いてうなずく 人の器量

広島の並みには桜の花がいたるところで満開となり
遠くから眺めればその場所だけに、白雲が流れているように見える。
花の雲の美しさ。
幸いにも今日の晴天に桜の花は映えて幸せそうに見える。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/3 (水)

懲りる前に懲りなさい

海洋の職場は乗組員同士が好むと好まざるに関らず、同じ船の中に共同生活が存在する。
仕事もあわせて同じメンバーで共同作業が続いていく。 
特に、生活と作業が直結している職場であるだけに
お互いの生活意識が目ざとく感じやすい条件下に置かれている。
そんな身近に感じる職場では、悪いと思う態度や習慣は注意したのだから
もうそれでよいと思いがちである。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/2 (火)

気転を利かせる 安全学

時代は「 平成 」から「 令和 」へと元号が改まる。 
新天皇即位の5月1日より「 令和 」へと日本国の統一された意志を求めんとする
新時代の幕開けである。

「 令和 」とは「 令 」神のお告げ。
「 和 」和を持って制す。 
政治・経済・環境・世界観は様々な変革期を迎えんとするさなか
日本国の旗印のもとに和を重んじて一致し、夢や希望の咲き誇る時代を築き上げる願いとして
「 令和 」の元号が定められたものと解釈する。

続きを読む


パーマリンク

2019/4/1 (月)

春本番は躍動の季節

頑張ろう!!暦はいよいよ春本番を迎えて4月に突入。 
春は人心も躍動する季節。
新元号・入学・入社・働き方改革・多くの人が新たなる環境で
期待に胸を膨らませるシーズンである。
自然に息づく草花でさえ春のいでたちに合わせて、我が世の春を謳歌し始める。
桜が咲いたら一斉に新緑も芽吹き、土の中から土筆もニョキニョキと顔を出し始めた。

続きを読む


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional