船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

calendar Blog/2019.05

Top / Blog / 2019.05

<< 2019.5 >>
[Blog]
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

2019/5/30 (木)

人生は意欲と誠意で 前に進む

職場や人間関係で多く耳にする言葉に「 君はやる気があるのか?ないのか? 」
物事に立ち向かう意欲の是非を聞くことがある。 
その人を形成する能力の大半はこの言葉で決まる。
私が思う人生の勝負どころは「 意欲 」と「 誠意 」さえあれば
下手な学歴や経歴などは取るに足らない、付け足しの付録である。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/29 (水)

人柄と 安全運航

時代は令和に代わって、広島シッピングの大集団は、管理隻数が変わらない限り
乗組数も変わることはない。
その大勢の方々が、初めはそれぞれが別々の道を歩みながら
たどり着いたのが今の職場であるのかもしれない。
もしも最後の職場ならば、今までに築き上げてきた技術と人間味を
この職場で燃焼するほどに出してもらえれば、それはたいへんにありがたいことである。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/28 (火)

航海当直は 人の命を支える重責

人は誰でもこの世に生を受けたときから、人様のお世話になりながら生きてきた。
自分をこの世に誕生させてくれた両親は勿論の事、兄妹や親戚の叔父さん叔母さん
そして学校の先生や友達の助けがなければ、今の自分は存在しないのだと思う。
しかし、同時にまた自分も何らかのかたちで、人様の役に立ちながら生きているに違いない。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/27 (月)

ねこばば

人間は何事にも用心するということは、動物的自己保身として本能的な意識が備わっている。
しかし、用心は心身を労する事であるだけに、とかく怠りがちになり
思わぬところで事故につながる恐れがある。
一般的には用心深いことは処世上大事なことであるが、つい面倒だと思えば横着になって
他人任せになりやすい性質を持っている。 

続きを読む


パーマリンク

2019/5/23 (木)

還暦は人生の折り返し点

現在、広島シッピングに在籍する年齢層は60歳以上が全体の半数をしめており
まさに特殊な高齢社会の構図をそのまま映し出している。
同時に組織としての大きな悩みにもなっている。
勿論その範ちゅうでは70歳以上でも、元気で頑張っておられる方は多数おられる。 
特殊な組織の要因には、船員年金制度の有利さもあり
今の状況がまだまだ高齢化のまま進んで行く予測が見える。 
しかし、年齢には関係なく、いずれの人達も弊社にとってはかけがえのない戦力に違いない。
私に言わせれば、60歳からは本当の大人の人生。
二幕目が始まったばかりだと申し上げたい。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/22 (水)

整理整頓で 心も綺麗に

本日は修行中のなまくら大工の話。 
まだ修行中の大工が寸法を間違って柱を切ってしまった。
いつも失敗を繰り返しては叱られる見習大工は
たまらず名人の噂が高い棟梁を訪ねてお願いをした。
「 棟梁助けてください。私は柱の寸法を間違えたり、切りすぎたり
  仕事に失敗ばかりが続いて一向に腕が上達しません。 
  私は大工には向いていないのではないでしょうか? 」

続きを読む


パーマリンク

2019/5/21 (火)

命はただ一つ

今から42年昔の出来事に、ハイジャックした日本赤軍の要求をすべて受け入れ
身代金と超法規的措置で服役拘留中、9名の囚人を釈放
赤軍参加を希望する者達を(バングラデッシュ)ダッカに送った事件
「人の命は地球より重い」と述べて、人質救出のために英断を下した
「福田赳夫首相」の行動と言葉である。 
「 限りある命 人の命と安全は 地球の重さに勝るほど大事! 」
このような標語は、人間の尊さや命の尊厳を巧みに表現している掛け替えのない言葉である。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/20 (月)

過去を活かす今

話の始まりは筆者の若かりし時代。 
日本社会全体が経済成長の荷車時代であった。
その頃は国民の大多数の人が貧乏であり、誰もが立身出世のチャンスに燃えていたころ。
けん引する重工業の地域では、製鉄工場の煙突から吐き出される噴煙が
スモッグ注意報となって毎日のように呼びかけられていた。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/17 (金)

航海は 皆で繋いだ数珠

時化も無く穏やかな海、慣れ切ったいつもの航路の往き返り、同じことが繰り返される。
船内の生活は変化に乏しく単調でつまらない。 
心の中では何かが刺激を求めて、起伏のない生活に不満を抱いてしまう。
つまりそれが欲求不満と言う症状であろうか・・。
しかしその実、何かが起こると、人はそれまでの平凡な毎日が
いかに大切なひと時であったかを気づかされる。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/16 (木)

朝の洗顔で心も洗う

教書に、私達はなぜ朝起きたら洗面するのでしょう。 
子供たちと接して食事のマナーは指導することはあっても
洗顔を指導する必要はないくらい、洗顔する行為は誰の生活にも溶け込んでいる。 
何故、朝起きたら洗顔をしないといけないのでしょうか。
※ 皮膚が汚れているから。
※ 目をさますために。
それはもっともな答えのようであるが、私達は外出して家に帰ったとき
汚れたからと洗顔するでしょうか。 
洗顔は単に顔の表面の汚れを取ることだけのことではないのです。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/15 (水)

船舶管理 今 未来

船舶管理と言う同じ作業服を着衣した仲間たち、その方向性を見極めれば
人材不足の波はウネリになって押し寄せている。 
国交省の推進する管理集約の進めは、形だけは現実のものとして動き出しているが
人手不足をシナリオとして、派遣という形態を保つことは
非常に困難な条件と言わざるを得ない。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/14 (火)

自然に学べ

田植えをする月であることから5月は「早苗月(さなへつき)」と言っていたのが
短くなって、(さつき)の空と呼ぶようになったという。 
晴れた日。雲も少なく晴れ渡った真っ青で清々しい五月晴れの好天が続く。
一歩田舎道に入れば、目にまばゆいばかりの新緑がみずみずしい。
明るい陽射しをうけて、木々の一枚一枚の葉っぱがキラキラと揺れながら輝いて見える。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/13 (月)

出会いは 人生の扉

出会いに偶然はないとも言われるが、昨日まで全く知らなかった者同士が
今日は同じ職場で苦労を共にする。 
これが皆さんの船という譲り合いの職場が成り立つ本質である。 
なぜこの人達とめぐりあったのか、どうして同じ職場で仕事をすることになったのか
それは宇宙の流れ星のような偶然にも似ている。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/10 (金)

禍は忘れた頃にやってくる

身体は心の指示で動く。健康も安全も心の中にある。
私の事、一昨日血圧のお薬を頂くために掖済会病院に検診に伺ったところ
血圧数値は正常であるが脈拍数が92と高目であると、注意を受けることとなった。
ちなみに成人男性の正常数値は60~80位だという。
その原因は再びの肥満にあると指摘されることになった。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/9 (木)

船舶管理の生命線

「春の穏やかさに隠れる漁網の罠」
各船からの注意警告のメッセージ!! 
皆さんには注意喚起下さい。

※岩国沖も刺し網漁船が沢山いました。各船注意が必要です。
  (泉栄丸)
※米ノ津沖は漁具が多く夜間のアンカーは避けたい・・。
  (ニューなんせい)
※朝から広島海域はカキ養殖の漁船が忙しく走っている。注意。
  (聰洋丸)
※伊吹島北側海域は鰆流し網か広範囲に入っています。大きく迂回。
  (第5オーナミ)

続きを読む


パーマリンク

2019/5/8 (水)

安全意識は胃袋に似ている、満腹、空腹

誰でも不自由無く恵まれた生活ができるのであればそれは結構なことである。
しかし、一方では恵まれていないほうが、些細な事にも喜びを敏感に感じることは出来る。 
従って何事も恵まれないからといって決してなおざりになり
捨て鉢になったりする必要はない。

続きを読む


パーマリンク

2019/5/7 (火)

コツコツと 一日一生

久々にゆっくりの休暇を頂きました。
本日出社後は早速、各船舶の動静表をチェックしたところ
いずれの船舶も大過なく時は過ぎ、ゆるやかな差こそあれ
それぞれの航路にあわせた、無事な運航状況が経過している。 
一方では陸上の休暇取得には合わせられない
忙しい航海の続いた船舶の皆さんには本当にご苦労様。

続きを読む


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional