船舶管理から船員確保まで皆様のニーズにお答え致します

Blog/2017-05

Top / Blog / 2017-05

2017/5/31 (水)

安全は 善にして徳なり

安全意識は胃袋によく似ている。
その心は、満腹になったり空腹になったりするから 。
誰でも日々恵まれた生活であればそれは結構なことである。 
しかし、一方では恵まれていないほうが
些細な事にも喜びを敏感に感じることが出来ることも真実である。
そういった意味では状況が恵まれないからといって
決してなおざりになったりする必要はない。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/30 (火)

足るを知って 心を満たせ

ここ数日、日本列島は高気圧に覆われて暑い陽ざしが続いている。 
一方、北の海域に向かう船舶にはご苦労が多くて、凪に恵まれれば今度は濃霧に包まれて
油断のできない日々が続いている。
海域が違えば天候も大きく変わる。
地球規模からみれば、狭くて小さい日本列島だけど
東西南北と航海に励む皆さんにとっては果てしない海原を行く過酷な条件である。
どうか今日も「 安全運航 」の続くことを祈る。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/29 (月)

覆水 盆にかえらず

人は病気になって、初めて人生の優先順位に気づくようであってはならない。
5月25日木曜日、午前09時30分、私はいつものように
乗組員の皆さんへFAX通信の執筆の時でした。
携帯電話に突然、妻からの電話が入りました。
「 お父さん‼寛高(息子)の病状が急変して危篤状態になったから
  すぐに病院へ駆けつけて下さい! 」

続きを読む


パーマリンク

2017/5/24 (水)

ハイカラな 吊りズボン

日本全体がまだまだ貧乏で、どこの家庭でも食べるのがやっとの頃(昭和28年)
私は小学校4年生に成長していた。
親戚でも唯一のお金持ちだった神戸の叔母さんから、少しでも役に立てて欲しいと
都会で従妹たちが着古した洋服が送られてきた。
私にも、同じ年のH君の古着が数着あった。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/23 (火)

大阪名物 粟おこし

足元は長靴にマンボズボン、頭には白地でカバーしたマドロス帽? 
胸にはメッキ仕上げのラダーペンダントが揺れている。
これが船乗りとして6ヶ月過ぎた頃、私のスタイルであった。
(ラーメン一杯50円・豆腐一丁20円・「坂本九」上を向いて歩こうが大ヒット中・昭和36年頃)
その当時、私の給料は9,000円程度であった事を覚えている。 
これが陸上だと5,000円そこそこの賃金であったから
過酷な労働を別にすれば、相当に割高の賃金であったに違いない。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/22 (月)

自律から自立へ

我々の職場に万一の異変が生じれば、昨日の笑顔が今日は苦渋に満ちる。
まるで快晴から一気に暴風への突入である。
そう思えば、海上に位置する仕事ほど、浮き草的な家業はない。
海運業をつぶすには、海難事故の数件もあればこの業界での信用は失墜する。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/18 (木)

前向きに 前向きに

何事も前向き思考で今日も明るく元気に頑張りたい。
立ち読みしていた本に、プラス思考について面白い話が書いてあった。
それは「人間の顔は何故前についているの?何故後ろを向きではいけないの?」
その答えには、顔が前に無ければ物事を前向きに見ることも
前に向いて進むことも出来ないと、分かり切ったようで、面白い発想が書いてあった。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/17 (水)

本当の幸せとは

広島地方はまるで搗き立ての餅がちぎられて置かれたように
手のひらサイズの高気圧が、去ってはまた現れている。
晴れ間と曇り空が交互に入れ替わって、心地良い春風が野良仕事に爽やかさをもたらす。
今を真っ盛りの田植え作業もさぞかし、はかどりやすい天気ではなかろうか。
北から南から各船の動静にも、皆さんの頑張る姿が無事な便りをもたらしている。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/16 (火)

臨機応変 柔軟性

行動を変えれば 結果も変わる。
ある新米の船長は、どうしても船が上手に接岸出来ないと悩んでいた。
行き脚の注意・錨を投下する位置の注意・スラスターの強弱・岸壁に対する船首の角度
接岸に必要な全てが慎重に進んで行く。
しかし何度試みても結果は慎重なあまり、時間が掛かり過ぎて上手く行かなかった。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/15 (月)

誠実の香りは 風下にも風上にも 均等に広がる

私の知人に趣味で絵画の上手い人が居る。
会社を定年退職して絵画教室に通い始めて、もう15年が過ぎるという。
彼の奥さん曰く「某・道の駅にも主人の絵を寄贈して、今も立派に飾られている。
今度も広島の展覧会に3点出品しているから見に行ってください。
もう完成させた絵は200枚くらいあって、実は家には置き場所も無くなっている」
と話す。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/11 (木)

人間(にんげん)万事(ばんじ)塞翁が馬(さいおうがうま) 

「人間万事塞翁が馬」とは、人生における幸不幸は予測しがたい。
幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから
安易に喜んだり悲しんだりするべきではないという諺。
私は、そのような人生の流れには、何事も努力を怠らず
いかなる時も腰を据えて頑張っておくことが最も大切であると結論付けたい。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/10 (水)

ボケる前に ボケ防止

昨日、興味本位で認知症にかかりやすい年齢比率を調べてみた。
年齢別に認知症の人の割合をみると、65~69歳では1.5%であるが
年齢が5歳上がるごとに約2倍になっていることがわかる。
85歳以上では約4人に1人が認知症であるとされている。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/9 (火)

今日は昨日の自分に勝て

連休中の事、1人の若者が「 船と言う職場には合わない 」という理由で
とりあえず下船の願い出があった。
乗船前の鼻息は、船酔いの苦しさに喘ぎ、大きな壁に突き当たっているという。

弊社に入社して1ヶ月、慣れない職場に、家族への思慕は膨らみ
我慢への追い打ちは船酔いであり、ホームシックであったのかもしれない。
将来を嘱望されていても、願う希望は苦労と言う壁を一つ突き破る事が出来なければ
今後はどんな壁をも突き破ることも難しい。
彼は船乗りとして大きな希望を抱き、海の道に憧れてきたものに違いない。
これも出会いであり、また去り行くのも、運命の分かれ道であろうか。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/8 (月)

「私がします」と言う 奉仕の心

私は最近、中々、人の名前を思い出さなかったり、漢字も忘れている字が多い。
年を取ると確かに少しずつ記憶力は低下し、体力や能力は衰えていく。
だが、その年齢になったからこそ見えるもの、感じるものが増えて
新たな世界が広がっているとも思える。

続きを読む


パーマリンク

2017/5/1 (月)

諦めない人生はトータル評価

連休途中ながら皆さんには異変も無く、我々も無事な航海の恩恵を頂いて進んでいる。
社員もそれぞれの持ち場で、今日もドックで頑張っている。
残り6日で出勤勢ぞろい、良いスタートが切れるように
皆さんには今日からも安全運航を宜しく!

続きを読む


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional